2016年03月30日

経過 2016.03.30(vol.55 & vol.5)

るいくんの経過 vol.55


総蛋白 5.3(前回 5.6)[基準値 5.3-7.3]
ALB 2.6(前回 2.6)[基準値 2.5-3.5]
AST  46(前回  88)[基準値 18-53]
ALT 113(前回 180)[基準値 20-109]
ALP 180(前回 250)[基準値 47-237]
GーGT 21(前回 58)[基準値 1-7]


おおおおおっ!!!
順調ですね〜(〃^∇^)o彡☆

フードにドライ追加して脂質を上げたのです。
TPはちょっと下がったけど、ALBが維持できてるのでよかったw
肝臓系も順調に低下してるし、ひと安心です(^^

今のステロイド注射だと、肝臓系の負担も少ない感じなので、
ひとまず注射はこのまま(2mg/4日おき位)にして、ご飯をLFにまでしてみようかと思っています。

フードを半分くらいでもあげられるようになると、ホントに安心なんだけど・・・
まぁ、それは理想として(^^;
どの程度のフード追加なら大丈夫なのか、見極めたいなと思ってます。


そうそう、あと無機リンの高値ですが・・・。
ひとまずVDをやめてみたところ、基準値に落ち着きました。
(VDはカルシウムやリンの吸収を助けます)

ステロイド注射をはじめた頃から徐々にリン値が上がりはじめました。
追いかけるように総コレステロール値も上がり正常値になりました。
ということは、ステロイドによって炎症が治まり、吸収能力がある程度改善したと思われます。

もともと、るいは血中CAが不足しているわけではないのですが、手作りご飯な上に超低脂肪食、しかも吸収能力が低い・・・。
なので、CAをあげています。
CAの吸収にはVDが不可欠なので、こちらも併せてあげていました。

ステロイドの注射によって、吸収能力が改善したので、もしかしたらVDが余計なことをしているのでは?
と思い、やめてみることにしました。
信憑性はわかりませんが、止めたらリンは下がったので、ひとまずこのまま様子見したいと思います。

ただ、CAは摂取量としてはぜんぜん足りてないので、CAは続けます。

にしても・・・。
栄養を薬やサプリでとるのってホント難しいんだなとつくづく思う。。。




びびさんの経過 vol.5

総蛋白 4.6(前回 5.4)[基準値 5.3-7.3]
ALB 2.0(前回 2.2)[基準値 2.5-3.5]
CA  8.4(前回 7.4)[基準値 9.1-11.3]


CAは回復ぎみなのか・・・。
でもALBもTPも低く、安定しません。
いや・・・むしろALBは2の代前半で安定してしまったと言ったほがいいのか・・・・゚・(ノ∀`;)・゚・

なので、びびさんも本格的に低脂肪食へ移行することにしました。

で、るいくんの経験を踏まえて考えたのですが・・・・。

るいくんの場合はステロイド減薬のためにULFへ移行しました。
なので、とにかく、ステロイドを切ることが目的で、なりふり構っていられない状況でした。
で、たまたま、最初にTRYした、タピオカ・さつまいも・ささみ ご飯が合っていて、そのまま順調に断薬までこぎつけたわけです。
良かったといえばよかったのですが、そうすると、栄養面が心配でもこのごはんを変更するのが、とても恐いわけです。
ULFごはんやってる子の宿命ですね・・・(^^;
経過を見ていただいている方はおかわりかと思いますが、本当におっかなびっくり、フードためしてみては失敗・・・
食材変更しては失敗・・・
そんな毎日・・・・ですが(>_<

それでも、るいくんは食いしん坊なので、概ね飽きずに今のご飯食べてくれるから救われますが(^^


で、びびさんですが・・・。

現状、体調的にも数値的にも余裕があるので、いろんな可能性を残しつつ、低脂肪食にしてみようかと思っています。


念のため・・・
低脂肪食事療法を行う場合は、徹底して管理することがセオリーです。
一般的に他の治療が効かない場合に低脂肪食食事療法を行うという流れがあるからです。
おそらく、体調的にも余裕がない場合も多いと思うので、徹底してやらないと効果が期待できないので。
栄養面の心配よりも、生命に関わるALBの維持が最重要なので、そこに重点を置きます。


びびの場合はるいの経験があるし、切羽詰まっているわけでもなく、薬を使うほどでもない。
だったら、まず食事だけで改善させてみようという通常とはちょっと違う観点からです。
なので、できれば、栄養面の心配も考慮に入れて、できるだけ緩く(言い方がアレですが・・・笑)管理できればいいなと。
食材は今までどうり、脂肪だけ低く設定してやってみようと思ってます。

もちろん、今後ALBが下がりつつけるようであれば、セオリー通りにやりますけどね(^^

それに。。。びびさん、そんなに食いしん坊ではないので、
食材限定しちゃうと、途中で食べなくなるのは目に見えてるので・・・

この病気、この食事療法は「食べてくれない」という状況に陥ることが実は切実だったりもしますので・・・。
そこは避けたい(^^;


それからCA問題です。
今回低いようなら、活性型VDを使ってみようと相談してたのですが・・・・。
微妙に回復(笑

今回はALB対策のほうが重要で、低脂肪食に移行して経過をみるので、活性型VDは見送りました。
サプリのVDは継続します。


***************************************
るいのごはん(1日量) 体重約4.5kg

さつまいも 50g
ささみ 75g
タピオカ 90g (乾燥 約23g)
フード 40g
(JPスタイル アレルゲンセレクトカット ドライ5g セミモイスト15g)
徐々にフード増やし中


以上を1日3回に分けてあげてます。

メトロニダゾール
ベリチーム
ビタミンB 少々
グルコン酸カルシウム
葉酸サプリ 少々
ビオフェルミン
ウルソ

ステロイド注射(2mg/4日おき)


これ以外に、
大根・きゅうり・ブロッコリー・セロリ・りんごなど野菜類
無脂肪ヨーグルトをおやつやごはんのトッピングとしてあげてます。

かつてアレルギー反応のあったもの
大豆・米・コーン・じゃがいも・小麦 

不耐症疑い
卵・牛乳・ヤギミルク
************************************

びびのごはん(1日量)体重約4.7kg

ささみ 45g
フード 20〜40g
(減らす予定)

じゃがいも、さつまいも、お米、かぼちゃなど炭水化物類と
大根、キャベツ、にんじん、さやいんげん、ブロッコリー、アスパラなど温野菜
キュウリ、トマト、キャベツ、水菜、ブロッコリースプラウトなど生野菜
その日によってですが、いろいろあげてます。

びびさんも低脂肪食へ移行します。
食材はいままで通りですが、脂肪を下げることと、比率を変えます。
基本はタンパク源1:穀類1:炭水化物1 を目安にします。

メトロニダゾール
胃腸運動改善薬
ビオイムバスター
ビタミンB 少々
グルコン酸カルシウム
ビタミンD3 少々
葉酸サプリ 少々


IgE反応のあるもの
牛肉、牛乳、羊肉
**************************************
posted by ackiy at 00:00| びびるいの経過 2016.02〜